ハンス・ロット交響曲第1番のフルスコア

ロットの交響曲のスコア(総譜)は、私が知る限り、分厚いフルスコアしかありません。P.ヤルヴィのCDは手に入りやすく、インターネットで気軽に聴ける時代なのに、ちょっと残念だと思います。それでも無いよりはましと開き直って、そのスコアの入手方法と出版社(Ries & Erler)について書いておきます。


■輸入するしかない

入手方法は、私が個人輸入した2012年の時と同じです。

  • 誰かにお願いして輸入して貰う
  • 自分で輸入する

のどちらかです。Amazonでポチれません。オススメはやっぱり自分で輸入する事です。

輸入代行は一般的に、お願いする相手の労力とコストが釣り合わないからです。私が仮にどうしてもお願いするなら、銀座の山野楽器のような、楽譜輸入のhow toがあって信用できる実店舗を選びます。輸入代行の専門業者を頼る手もありますが、手数料で何割増しになるか想像もできません。

反面自分で輸入する分には、英語とドイツ語が嫌いでなければデメリット無しです。Google翻訳で事足ります。誰にとってもハッピー。最短・最安です。

出版社のHPから購入して、あとは待つだけ。ちゃんと日本にも送ってくれます。
以下、個人輸入した時の経験則を踏まえて書いていきます。


■どこで買えるの?

ドイツ・ベルリンの出版社 Ries & Erler のWebショッピングサイトしかありません。
ここが出版元でもあり、現在ロットのスコアを出版している唯一の出版社でもあります。
http://shop.rieserler.de/index.php

お世辞にもわかりやすいWebサイトとは言えないので、該当の商品ページへのリンクも貼っておきます。
http://shop.rieserler.de/product_info.php?info=p1409_sinfonie-nr–1-e-dur.html

一見、何の商品かどうか分かりません。
右にある Product No.: 51121 がフルスコアであることを示しています。

これだけだとあまりに根拠性にかけるので、5年前の注文受領メールも上げておきます。
(当時は日本語も選択できましたが、どうやら今はできなくなっているようです。)


■お幾らですか?

スコア: 98.50 EUR (税込み。2017/10/2現在)
送料:       4.00 EUR (※)
小計:    102.50 EUR (だいたい1万5千円)
手数料:       +α (PayPal手数料、または国際送金手数料+口座登記料)
合計: 2万円出せばお釣りが来る
(※)送料は4 EURと8 EURから選べますが4 EURでOK。違いは出版社に直接聞いてください

安いか高いは、アナタ次第。


■支払い方法

PayPal決済で一発です。
当時、田舎っぺで世間知らずの学生だった私は、何を思ったかベルリン銀行への国際送金で支払いました。Ries & Erlerの社長とメールでやり取りして、なんとかなりました。本当に助かりました。


■いつ届くの?

支払い完了の後、発送時にメールで連絡を頂けます。
多分今もドイツ語で来ると思います。“Versendet” = “Shipped” = “発送済”です。

私の時は、このメールを受け取ってから12,3日後に到着しました。
PayPalの支払い確認が早く済めば、おそらく2週間ぐらいで届くと思います。


遥々ベルリンから日本にやって来たのかと思うと、手にしたときの感動もひとしおです。


内容豊富なのは大変結構ですが、これでは持ち歩けません…
学術研究の用途としては最適です。


■余談:Ries & Erler のHPからロットの公演を探す

ショッピングサイトはあまりにイケてないのですが、HPの方は充分に活用できるものです。Ries & Erler のHPにアクセスし、右上の検索ボックスに”Hans Rott”と入れて検索してみてください。
流石は出版元、著作権申請を受けるためか、公演情報が集まるようです。
これは大変有難い。貴重なロットの演奏の拝聴機会を見逃さずに済みます。


// 編集履歴
2012年09月29日 初稿投稿
2017年10月02日 全面的に改訂
2018年03月25日 細かい文言を修正

上乃木 燕二
クラシック音楽のブログを運営しています。後期ロマン派〜新ウィーン楽派がメイン。交響曲ネタが多目。オペラ・室内楽を扱うべく奮闘中。元トロンボーン奏者。チェロやりたい。マーラーとテンシュテットが心の師匠。